一般入試について学ぶ

論述問題がカギ?久留米大学医学部一般入試生物の傾向と対策

久留米大学医学部一般入試生物の傾向

問題数と形式

大問は4問。文章の穴埋め、名称の記述、計算問題に加えて、100字程度の論述問題も出題される。

難易度

難しいというほどではないが、簡単でもない。 特に論述問題が多いと、受験生は苦労させられる傾向にある。

出題分野

遺伝、進化、系統、神経、代謝あたりはよく出る。

久留米大学医学部一般入試生物の対策

ほぼ毎年出題されている遺伝分野は確実に点数を取れるようにしておきましょう。 その上で、幅広い分野について苦手意識をなくしましょう。 暗記すれば取れる問題も多いので、ある程度の点数はすぐ取れるようになります。 しかし、合格のためにはぜひ高得点を狙いたいところ。 そうなると、かなり深く理解していなければ、論述問題などで点数を落としてしまいます。ある程度わかったところで油断せず、さらに理解を深める勉強をしましょう。
元気が出る
質問添削サポートコーチング
質問できなくて困っていませんか?
記述答案を添削して欲しいですか?
だったらこちらへ!

Sponsored Link




Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.